ホームパンプキンズ食の安全・安心

食の安全・安心

「食」のリスクを体の内からも外からも考え、守る!
それこそがパンプキンズの安全・安心
3つの柱をもとに、継続して提供する取り組みを行なっています。
1.パンプキンズは衛生管理のノウハウも万全。
創業以来、「食の安全衛生」を守ってきました。
食事サービスの運営において、絶対に怠ることのできないのが衛生管理。
すべての病院・クリニックさまに安全と安心な食事サービスをご提供するために、スタッフへの衛生教育、
外部の専門企業との提携、食品情報の分析、食材の研究など、万全な衛生管理を行なっています。
外部の衛生コンサルティング企業と提携し監視の目を強化しています。

厳しい衛生循環検査のもと、
100点を獲得した店舗に授与されます。
平成27年4月より、厚生労働大臣登録検査機関である株式会社BMLフード・サイエンスと提携。
定期的な衛生巡回を行ない、その結果を顧客である医院さまにご報告しています
■平成28年の定期衛生巡回のレポート報告はこちら
  • 平成28年度 定期巡回レポート報告 NO.7 
  • 「大量調理施設衛生管理マニュアル」を基本に、衛生管理、記録帳票類、
    食材の搬入・保管温度、下処理・調理作業、洗浄、温度・時間管理、清掃等
    の定めた弊社マニュアルに従い、第3者企業に厳しく点検、評価。
    リスクアセスメント報告をお客様に行い、明日の食の安全を強化する。
2.「品質継続保証」「食品の安全」をもとに、
顧客満足の向上に努めます。
「品質継続保証」品質マネジメントシステム規格「ISO9001」と、財団法人医療関連サービス振興会が行なっている「医療関連サービス(患者等給食業務)」の認証を取得し、お客様満足度の継続的向上につとめています。(両認証登録範囲:本社および1事業所)
「食品の安全」厚生労働省・農水省・食品事故などの情報を常に把握し、随時対応を行なっています。
3.最新の食品情報を常時取得し、
食材の安全・安心を研究しています。
食品業界は、刻々と変化しています。当社は研究部門として「食品機能研究課」を設けており、新しい食品や添加物、
輸入食材などの行政情報や最新のエビデンスを分析しています。また、体の内側から免疫力を高め、感染に強い体を
つくるため、「食材の機能」と「食の安全性」を両面から研究しています。
病院・クリニックさまのあらゆるニーズに対応しながら
質の高い食事サービスを継続できる
組織力と人材を持っています。
病院・クリニックさまに365日ご満足いただける運営を行なえるよう、様々なバックアップ体制を敷いています。組織をあげて食にまつわる一切をサポートさせていただくことで、食の運営に関する煩わしさから医院さまを解放し、本業に集中していただけます。
つねにレベルアップ。
「人材」=「人財」スタッフ教育に力を入れ、
病院・クリニックさまの満足度に貢献しています。
病院・クリニックさまの大切なお客さまである妊産婦さまと直接関わりあう大切な役割だから、スタッフの接客・調理技術向上、衛生教育を常に行っています。また、急な欠員にも迅速に対応できるバックアップ体制だから安心です。
スムーズな運営を実現するスペシャリスト
「スーパーバイザー」制度。
病院・クリニックさまの経営までも
サポートする強力な味方になります。
病院・クリニックさまと本社の綿密なコミュニケーション役となる「スーパーバイザー(SV)」という担当者を配置しています。お困り事やご要望などを、迅速に本社と共有して解決するのはもちろん、危機を事前に察知して対応できるように指導しています。状況に合わせて集客、リピーター獲得への新しいご提案なども行なうことで、病院・クリニックさまの経営までもサポート。「提案を聞いて、現状維持ではいけないのだとハッとさせられた」というお声を頂いています。
出産前後という、デリケートな時期の女性に
ご満足いただけるサービスを提供するため、
女性スタッフ中心に運営しています。
お客さまの食事サービスすべてを全面的にお預かりするため、厨房の管理だけでなく、赤ちゃんとママのスキンシップ中の配膳の「細やかな対応力」は重要です。妊産婦さまの心身に寄り添った、最適なサービスをご提供したい、という思いから、パンプキンズは全スタッフの95%が女性で運営しています。それぞれの病院・クリニックさまで食事サービスを仕切る店長、コミュニケーション役となるスーパーバイザー(SV)も女性が中心。女性ならではのきめ細やかなサービスで、病院・クリニックさまと妊産婦さまのご満足へとつなげます。
パンプキンズにできることバックアップ体制 組織・人材育成営業エリア動画